ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの美白効果、成分について

どうしても年齢と共に肌力は衰え、シミや目元口元のしわなどの悩みが増えてきます。最近ではニキビ跡やシミなどを化粧品でカバーできるものも増え、部分的に使用している人も多いかと思います。

しかしそれだけでは一時的に隠すのみで、ケアや予防は全くできていません。肌の奥で起こっているトラブルや、ダメージを受けている細胞をよみがえらせないと、どんどん肌力は落ちていくばかりです。

40歳を過ぎたころから特にこだわって欲しい、ホワイトケア商品。朝起きてから夜寝るまでのセットケアが初めての方にも、こだわりの化粧水や乳液を使っているから大丈夫という方にもお勧めしたい『ビーグレン ホワイトケア』の特徴をいくつか紹介したいと思います。


ビーグレン ホワイトケアプログラム 公式サイトへ

ビーグレンのホワイトケアプログラム

ビーグレンホワイトケアは、シミに対して肌の奥からアプローチし薄くする、肌の内部にあるメラニンがシミとして現れるのを防ぐ、シミの原因を作らせないということに特化した美白化粧品です。

ビーグレン独自の技術と美白成分ハイドロキノンが、シミ、そばかすに対して積極的・徹底的に攻め込んでくれます。美白のためにクリニックへいかなくても、自宅にいて十分なホワイトケアを実現してくれるのがビーグレンのホワイトケアなのです。

進化したハイドロキノン成分

ハイドロキノンとは、シミやシワの原因であるメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラニン色素を作る細胞の数を減少させる作用を持つ美容成分です。ビタミンCやアルブチンがもたらす美白効果の約100倍もの効果が見込めると言われています。

40年以上の長い歴史を持ち重宝されているハイドロキノンですが、従来のハイドロキノンでは、肌への浸透能力の低さ、刺激の強さ、酸化しやすいという問題を抱えていました。

しかし、ビーグレン独自の浸透テクノロジーで従来の問題の解決に成功。水溶性成分で皮脂にはじかれていたハイドロキノンを、皮脂に近い成分でコーティングすることによって、肌の奥のトラブル元までしっかり浸透してくれます。

ビーグレン独自の浸透技術QuSomeR

キューソームとは、ブライアン・ケラーによって発明された浸透テクノロジーです。このテクノロジーを使って、髪の毛の太さの500分の1サイズのカプセルに必要な成分を包み込み、肌の奥深くまで成分を行き渡らせます。

カプセルに閉じ込めることによって、性質が変化しやすい成分も、安定した状態でトラブル元にアプローチできるようになりました。また短時間で成分が代謝されるという問題を解決し、長時間とどまることで効果を持続させることも可能にしています。

トライアルセットの内容

微粒子の天然のクレイが汚れや古い角質を引き寄せ、皮脂を取りすぎずしっとりとした肌に洗い上げる洗顔料、クレイウォッシュ。角層のコンディションを整えて隅々まで浸透し、長時間保湿成分を保ち透明感のある肌へと導いてくれる化粧水、QuSomeローション。

高濃度のピュアビタミンCが角層の隅々まで浸透し、肌の乾燥を防ぐ美容液、Cセラム。キューソーム化したハイドロキノンをトラブルの根元まで届け解決すると同時に、肌トラブルを起こさないよう紫外線もブロックする夜用クリーム、QuSomeホワイトクリーム1.9。

肌の奥深くまで浸みわたる高保湿クリームで、QuSomeエイジリカバリーコンプレックスが角層の隅々まで浸透し、潤いとハリのある肌へと導く、QuSomeモイスチャーリッチクリーム。このようにビーグレンのホワイトケアは朝起きてから夜寝るまでの間、5つのステップで年齢を感じさせない理想の肌へと導きます。

ビーグレン ホワイトケアプログラム 公式サイトへ

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

アンプルール ラグジュアリーホワイトの美白効果、成分について

KOSE米肌 澄肌美白お試しセットの美白効果、成分について