顔のシミが産後に急に増えてしまう原因と消し方


かわいい赤ちゃんにやっと会えたのに、気が付いたら顔がしみだらけに。急にシミが増えてしまったという出産後のシミに悩む人は少なくありません。

どうして出産後はシミが増える?

シミの無い綺麗な肌は女性の永遠の憧れです。若いころは透明感もあってシミなんか無縁だったという人でも、妊娠出産を経験することで顔や体にしみが出来て悩んでいるという人は少なくありません。産後のシミの最大の原因は女性ホルモンの分泌の変化にあります。

まず妊娠中に多く分泌されるエストロゲンは美肌を保つ働きをするホルモンとしても知られています。妊娠中にエストロゲンの分泌が増加しますが、産後には急激に分泌量が低下します。そしてその影響で肌のバリア機能が弱まり外部刺激に敏感になり、シミができやすい環境になります。

もう一つのプロゲステロンは出産まで妊娠を維持する働きをする大切なホルモンですが、メラノサイトの活動を活性化する働きがあるため、妊娠中にしみができやすくなります。出産後にはプロゲステロンの分泌量は減りますが、体が元通りになるまでは1年近くかかることから、産後もシミのできやすい状況が続くことになります。

産後のシミ対策には紫外線を上手に防ごう

ホルモン分泌の影響でシミができやすい環境になると同時に、紫外線に当たる事でメラノサイトが活性化されメラニン色素を生産しやすくなり、肌表面にメラニン色素が沈着することでシミが出来ます。

そのため、産後のシミ対策にも紫外線予防が重要になります。日焼け止めクリームや日傘などを上手に活用して紫外線を直接肌に浴びないように心がける事が大切です。
また、紫外線は上から降り注ぐだけでなく、地面からの照り返しも大きな影響があります。そのため、紫外線対策は上からだけでなく下からも浴びていることを意識して有効な対策をとる事が必要です。

ストレスもシミの大敵

かわいい赤ちゃんとの生活は思いのほか大変なことの繰り返しです。妊娠中とは違う様々な、いわゆる育児ストレスで、心身ともに疲れ切ってしまう事もシミの原因の一つになると言われています。

赤ちゃんが泣くだけで疲弊してしまって家事が全くはかどらない中で、なかなか気持ちの安らぐ時間は持ちにくいかもしれませんが、家事を手抜きしてでもたまには自分の好きな音楽を聴くなど、できる範囲で自分自身をリラックスさせる時間を持つようにしましょう。

赤ちゃんが大きくなるまでの時間はそんなに長くは続きません。まあいいか…と、完ぺきを求めずにほどほどに過ごすことも大切です。

食事からもできる産後のシミの消し方

出産を機にすべての生活が赤ちゃん中心になりがちですが、ママの体の回復のためにも食事はバランスよく摂りたいものです。中でもビタミンC、ビタミンB2などは意識して食事からとるように心がけましょう。

抗酸化作用のあるリコピンなどを積極的にとれるように意識した食事にすることも効果的です。美白に効果があるとして知られる肌の代謝を促すL-システインアルブチントラネキサム酸を配合しているサプリやコスメを使うのもいいですね。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

岩盤浴はダイエットだけじゃなく美白効果もある!?